FC2ブログ

巨大な鍾乳洞

山口県美祢市にある秋芳洞。鍾乳洞として東洋屈指の規模を誇り、観光洞としてはもちろん日本一の大きさという壮大なスケールの鍾乳洞です。

秋芳洞① 秋芳洞② 秋芳洞③

訪れたこの日は、あいにくの雨模様。
入洞料を支払って川沿いの小道を鍾乳洞の入口まで歩きます。川中の岩につく苔の緑が大変美しく見えました。

秋芳洞④ 秋芳洞⑤ 秋芳洞⑥

雨は運良くやんでくれたのですが、モヤがけっこう凄くて。。。洞窟の前は先が見えにくいほどモヤってました。
休日であれば並ぶほど人でのようですが、寂しくなるくらい誰にも遭わず・・・ちょっと怖い感じがしたり(^_^;)
とりあえず真っ暗で「ザァーーー」っと川の流れる音がする鍾乳洞の中に入ることにしました。中に入るとこれ「広い。。。凄い」大自然が作り出した迫力の景観と不思議な造形美が目の前に現れます。

秋芳洞⑦ 秋芳洞⑧ 秋芳洞⑨

鍾乳洞内も天候のせいか、モヤが凄く。。。フラッシュ撮影するとモヤに反射してうまく撮れませんでした(^_^;)
1時間ほどかけて広い洞窟内の不思議な世界を観せてもらい、悠久の時間が作り出した大自然の造形美を堪能しさせてもらえました。

秋芳胴を出て、日本最大のカルスト台地である秋吉台へ

秋吉台① 秋吉台② 秋吉台③

「秋吉台」は、北東方向に約16km、北西方向に約6kmの広がりを有する総面積54平方kmの広大な石灰岩の台地でです。
楽しみ方は人それぞれ、ウォーキングを楽しまれる方が多く、様々な散策コースもあるようです。

人間の力の遠く及ばない、地球のアート秋吉台は、国内お勧めの地だと思います。
もう少し、気候がいい時に訪れたかったです。。。



全国で唯一の警神を祀る社

全国に唯一、警察官を御霊として祀る神社が佐賀県にあります。
ずいぶん前から参拝したいという思いがようやく実現しました。
佐賀県唐津市肥前町高串に建てられている殉職警察官を祀る「増田神社」なぜ、警察官が御霊として祀られているのか。その由来は

明治28年、7月高串にコレラが発生しました。コレラは数日の間に真性48人、擬似34人、死者9人の猛威を振るいました。当時の衛生行政は警察が行っていたことから、この地のコレラ防疫に派遣されたのが増田敬太郎巡査でした。
増田巡査は明治2年、熊本県泗水村(現在の泗水町)に生まれ、明治28年7月、佐賀県の巡査教習所に入り、通常3ヶ月かかる教習過程をわずか10日で習得する優秀な成績で終了します。そして同年7月17日に巡査に任命され、19日唐津警察署に配属となりました。
正義感溢れる増田巡査は配属と同時に高串のコレラ防疫の大任をおびて高串の地に赴き、防疫情勢や患者の手当、死体処理を不眠不休で行います。三昼夜に及ぶ増田巡査の労力の効果で数人の患者を在するのみでコレラの感染力を滅ぼしますが、増田巡査自身もコレラに感染してしてしまいます。感染した増田巡査は看病に来る人に「私には絶対に近づかないように」と気遣いを怠りませんでした。その日、見舞いに訪れた評議委員に増田巡査は「もう回復の見込みはないと思いますが、高串のコレラは私が全部背負って行きますから安心してください。人々には私が指導したように看病と予防を怠らず続けるように伝えてください。」と遺言し、ついに、7月24日午後3時、25歳の生涯に幕を閉じました。
増田巡査が死去された後、1名のコレラ患者も出なかったそうです。地区の人々は増田巡査の献身的な行為に心から感謝し、遺骨を分骨してもらい、高串地区で一番見晴らしの良い秋葉神社の境内に埋葬しました。明治39年には神殿が建てられ増田様と秋葉神社が合祀され「増田神社」となりました。しかし、増田神社には神社としての資格である社格がありません。格式にとらわれず、代々人々の心の中で崇められているとのことでした。

高串地区への交通機関はありません。唐津駅から車で30分ほど、駐車場もありません。。。どこかに車を停めれないかと思い、雑貨店で聞いてみました。お店のお母さんから「海沿いの空いてる所に停めていおて大丈夫ですよ。」と言われ、どちらの管理になっているかもわからない漁協前のスペースに駐車させていただきました。

増田神社への参道は、民家の間を通らせてもらう感じの狭い路地を通って行きます。

増田神社① 増田神社② 増田神社③

300メートルほど若干急な坂道を昇ると鳥居が見えてきました。

増田神社④ 増田神社⑤ 増田神社⑥

こちらの鳥居は佐賀県警の方々が建てられたのかな?

増田神社⑦ 増田神社⑧ 増田神社⑨ 増田神社⑩

更に参道を進むと二つ目の鳥居が見えてきました。「巡査大明神」と刻まれた鳥居です。

増田神社⑪ 増田神社⑫ 増田神社⑬

増田神社には「増田神社」「巡査大明神」「秋葉神社」の三つに鳥居があります。
三つ目の鳥居をくぐり、手水場でお清めをして身の前に建つ神殿へお参りさせていただきました。

増田神社⑭ 増田神社⑮ 増田神社⑯

地元の方々が守る増田神社に社務所はなく、御朱印もありませんが、高串駐在所で冊子をいただけると張り紙がされていましたので、駐在所に行ってみることにしました。
σ(^^)が駐在所に到着したとき、お巡りさんはパトロル中とのことで不在でした・・・いつ戻られるかもわからないし、諦めかけたとき運良く戻ってこられ、「増田敬太郎物語」という冊子をいただくことができました。

増田神社⑰

いただいた冊子です。
増田敬太郎氏の生い立ちや防疫のため尽力されたことが詳しく記されていました。
全国で唯一、殉職警察官を祀る増田神社。自分の身を顧みず、人々のために献身的に職務を全うした増田敬太郎巡査。その御霊への感謝の気持ちから「警神」として祀られている神社を参拝させていただき、地区の方々が「増田様」と呼ぶ地元に密着した神社であることを感じることができました。ありがとうございました。


所在地:佐賀県唐津市肥前町高串
     ※カーナビは高串漁港もしくは高串警察官駐在所が良いと思います。
駐車場:なし
     ※近くの商店や農協等で尋ねてからの方が良いと思います。




続きを読む

カレーなる本棚

北野エース 枚方T-SITE店にこれが見たくて行ってきました。

北野エース 枚方T-SITE店① 北野エース 枚方T-SITE店② 北野エース 枚方T-SITE店③

全国のレトルトカレーが480種類売られています。
本棚のようなユニークな陳列がおもしろいです。

今回は三種類のカレーを買ってみました。

tanzenのカレー 富良野ブラックカレー 飛騨牛カレー

カレーなる本棚®

けっこう楽しい♪・・・・かも

終わりかけも良いもの

もう遅いかも・・・と思いながら、遅咲きの桜で有名な仁和寺へ出かけてみました。

仁和寺2-①

仁和寺へは二年前に訪れており、その時の記事はこちらからご覧いただけます。

仁和寺の中門を潜ってすぐ左側に「御室桜」はあります。遅咲きの桜として有名な御室桜は、4月中旬ころからが見頃とされ、ソメイヨシノと比べると低木で背丈が約2~3m程の高さにしかならないという特徴があります。

仁和寺2-② 仁和寺2-③

仁和寺2-④ 仁和寺2-⑤ 仁和寺2-⑥ 仁和寺2-⑦

すでに葉桜という感じでした。
一週間ほど遅かったように思います。

ここから仁和寺の本尊である阿弥陀三尊を安置する金堂へお参りさせていただきました。
前回訪れた時には改修工事中だった金堂もきれいに改修されていました。

仁和寺2-⑧ 仁和寺2-⑨

遅咲きの桜、もう一箇所行ってみます。

所在地: 〒616-8092 京都市右京区御室大内33
電話:075-461-1155
開門時間:3月から11月 9時~17時 12月~2月 9時~16時30分




東京見物

ライブの翌日、時間があったので東京見物に出かけました。
まず最初に訪れたのは東京タワー

東京タワー① 東京タワー②

前に訪れたのが小学校1年生くらいだったか・・・展望台から景色を眺めて、蝋人形館へ!と思ったが、既に蝋人形館はなくなってました。残念。。。

次に訪れたのは浅草

浅草雷門 浅草雷門②

仲見世通りを浅草寺へ。

浅草浅草寺① 浅草浅草寺② 浅草浅草寺③ 浅草浅草寺④

すごい人混みでした。
さすが観光スポットって感じです。お参りを済ませて朱印所へ。。。ここもかなりの混雑ぶり。

浅草寺御朱印

いただいた御朱印です。
ご本尊と大黒天さんの二種類がいただけます。

ここから東京駅に戻り、丸の内駅舎を見とくことにしました。

丸の内駅舎① 丸の内駅舎② 丸の内駅舎③

お土産は。。。東京バナナ、夕食には崎陽軒の焼売弁当にしました。あっ、浅草で草加せんべいも購入!

うんうん、ほんまベタな東京見物でしたが、これはこれで楽しかったです(^O^)v