FC2ブログ

西国四十九薬師霊場 第三十番 多禰寺

多禰寺は、用明天皇の第3皇子で聖徳太子の異母弟麻呂子親王が「薬師瑠璃光如来」を歓請し、安置したことに始まると伝えられているお寺です。

多禰寺① 多禰寺② 多禰寺③

石段を上がるとすぐ目の前に本堂(金堂)が見えてきます。
本尊の薬師瑠璃光如来象は秘仏となっています。

事務所で入山料を納めてお参りを済ませ、境内を散策させていただきました。

多禰寺④ 多禰寺⑤ 多禰寺⑥

他の参拝者のない中、静かなお参りとなりました。
散策の後、寺務所で御朱印をいただきました。

多禰寺御朱印

お寺の方にも親切にお話いただきました。
ありがとうございました。

所在地:京都府舞鶴市多祢寺346
拝観時間:9:00~17:00
入山料:200円
宝物殿拝観料:500円
駐車場:あり(無料)



西国四十九薬師霊場 第二十九番 温泉寺

温泉寺は、養老4年(720年)に城崎温泉を開いた道智上人により天平10年(738年)に開創された温泉街に鎮座するお寺です。
城崎温泉には外湯巡りでこれまで何度か訪れたことがありましたが、温泉寺の存在は知りませんでした。
温泉に入ることをメインにしていましたので、平安時代以前からの長い歴史を持つ温泉であることも今回の巡礼で知ることができました(^_^;)・・・ さて、駐車場から少し歩くと大きな山門が見えてきます。

温泉寺① 温泉寺② 温泉寺③

山門を潜るとすぐ目の前に薬師堂が見えてきます。

温泉寺④ 温泉寺⑤ 温泉寺⑥

薬師堂に祀られている本尊、薬師如来は城崎温泉とその入湯客を守護してくださるお薬師さんとして信仰をあつめていると説明されていました。

温泉寺⑦

こちらでは「薬師湯」という飲泉場があります。σ(^^)も飲ませていただきました。。。。しょっぱかったです。

薬師堂でのお参りを済ませ、御朱印をいただきました。

温泉寺御朱印 温泉寺御朱印② 温泉寺御朱印③ 温泉寺御朱印④


全ての御朱印は薬師堂の朱印所でいただくことができます。
お寺の方に、本堂と奥の院への行き方を尋ねると、「ロープウェイでしか行けないんですよ。」と教えていただき、奥の院を目指すことにしました。本堂には、途中駅である温泉寺駅で降りることになりますが、帰りの時間の都合もあり、今回は奥の院への参拝を優先することにしました。奥の院がある大師山上駅からすぐのところに奥の院はあります。

温泉寺⑧ 温泉寺⑩ 温泉寺⑨

お参り後、しばし散策して帰宅の途につきました。

温泉寺⑪ 温泉寺⑫ 温泉寺⑬

本当は温泉にも浸かりたいと考えていましたが、時間の都合上、今回は温泉寺への参拝のみとなりました。
次に訪れることがあれば、温泉も楽しみたいと思います。

所在地:兵庫県豊岡市城崎町湯島985-2 
拝観時間:9:00~16:30
入山料:なし
駐車場:あり(有料)



西国四十九薬師霊場 第二十八番 大乗寺

江戸中期の画家である圓山應舉とその一門の襖絵などが多数あり、別名「應舉寺」とも呼ばれています。
 應舉がまだ無名のころ、大乗寺の住職・密蔵上人がその才能を見抜き、学費を援助しました。それをもとに江戸へ赴き修行を経て画壇の頂点へ登りつめた應舉は、後に5回に渡って大乗寺を訪れ、子や弟子らとともにご恩返しとして、多数の襖絵や軸物を描いたと伝えられていると説明されていました。

大乗寺① 大乗寺② 大乗寺③

苔生す石段を上がったところに客殿が見えてきます。
13室に障壁画として165面も描かれ、すべて国の重要文化財に指定されています。当然ながら撮影は禁止ということで、外観しかご紹介できませんが、お寺の方に案内されながら目にした障壁画は美しく、トリッキーな仕掛け?などあって、感動的な拝観となりました。

大乗寺④ 大乗寺⑤ 大乗寺⑥

客殿を観せていただいた後、薬師堂(瑠璃光殿)にお参りさせていただきました。

大乗寺⑦ 大乗寺⑧ 大乗寺⑨

薬師堂の隣には観音堂(大悲殿)があります。

大乗寺⑩ 大乗寺⑪ 大乗寺⑫

境内を散策して、御朱印を客殿で御朱印をいただきました。

大乗寺御朱印 大乗寺御朱印②

いただいた御朱印です。
参拝の日、お天気はイマイチでしたが、客殿に描かれた障壁画は一見の価値ありだと思います。

所在地:兵庫県美方郡香美町香住区森860
拝観時間:9:00~16:00(最終受付15:40)
拝観料:大人800円
駐車場:あり



西国四十九薬師霊場 第二十七番 天寧寺

福知山の北に佇む禅宗のお寺「天寧寺」。1365年(貞治4年)に夢窓国師の弟子、愚中周及を開山として開かれたとされるお寺だそうです。

天寧寺① 天寧寺②

案内には、室町時代の禅宗文化を今に伝える名刹として、足利義持などの将軍からも信奉されたと説明されていました。

天寧寺③ 天寧寺④

境内の薬師堂は1794年(寛政6年)の建立。方三間もこし付という禅宗仏殿の正規の様式をもつ建物です。
薬師堂に本尊として祀られているのは「木造薬師如来坐像」で秘仏となっています。

天寧寺⑤ 天寧寺⑥

境内には他の参拝者もなく、静かな中でお参りさせていただけました。
薬師堂にお参りさせていただき、寺務所へ御朱印をいただきに行きました。

天寧寺御朱印

いただいた御朱印です。
お寺の方も大変丁寧に対応していただき、気持ちの良い参拝でした。

所在地:京都府福知山市字大呂1474
拝観時間:夏季 8:00~17:00 冬季 9:00~16:00
駐車場:あり(無料)





西国四十九薬師霊場 第二十六番 長安寺

臨済宗南禅寺派、丹波大文字(姫髪山)の山腹に位置する長安寺の境内には、重森官完途作「薬師三尊四十九燈の庭」があり、四季折々の景観と枯山水が有名です。特に秋は「丹波のもみじ寺」と呼ばれ多くの参拝者が訪れるお寺です。他に、福知山城主・杉原家次の墓があることでも有名です。

長安寺① 長安寺② 長安寺③

苔が美しい境内へ続く階段を上がり、山門を潜ると目の前に大方丈(本堂)が見えてきます。

長安寺④ 長安寺⑤ 長安寺⑥

その前には重森官完途作「薬師三尊四十九燈の庭」が広がっています。
まず、寺務所へ伺う前に薬師堂へお参りさせていただきました。

長安寺⑦ 長安寺⑧ 長安寺⑨

こちらの薬師堂は中に入ってお参りすることができました。

長安寺⑩ 長安寺⑪ 長安寺⑫

薬師堂には、秘仏薬師如来二体の他、日光、月光、十二神将木像が安置されている他、歴代福知山城主の霊牌を安置されています。また、天井の「雲龍図」は、初めてみる立体的見事なものですた。

長安寺⑬ 長安寺⑭ 長安寺⑮

しばらく境内を散策させていただいてから、寺務所へ御朱印をいただきに行きました。
インターフォンを鳴らすと、お寺の奥さんが出てこられ、御朱印をいただいた後、本堂へ案内してくださいました。
こちらのお寺は煎茶の家元だそうで、冷えた煎茶をいただきなが、家族の話やお寺の苦労話など楽しい時間を過ごさせえていただきました。

長安寺⑰ 長安寺⑯ 長安寺⑱

奥さんから、本堂の縁側からみる枯山水がベストと聞き、お庭をじっくり拝見させてもらったり、茶器や生花なども見せていただいてお寺を後にさせてもらいました。

長安寺御朱印

いただいた御朱印です。
気さくに楽しいお話、ありがとうございました。
是非、もう一度参拝させていただきたいと思います。

所在地:京都府福知山市奥野部577
拝観時間:9:00~16:30
駐車場:あり(無料)