FC2ブログ

西国三十三所観音巡礼 第二十七番札所 書寫山 圓教寺

圓教寺へは山裾から歩いてお参りすることもできますが、麓から書写山ロープウェイで約4分間の空宙散歩を楽しみながら上がることもできます。ちなみに運賃は往復1000円でした。
ロープウエイの山上駅から少し歩いてたところに入山料を収める志納所があります。ここで特別志納者として入山料+500円を収めると摩尼殿(まにでん)と呼ばれる本堂の直近までマイクロバスで送迎してもらえます。狭道&悪路をガンガン走るバスはけっこうスリリングで、徒歩で参道を20分かけて歩くのとは違った意味で面白いかもしれません。

圓教寺摩尼殿前 圓教寺摩尼殿① 圓教寺摩尼殿② 圓教寺摩尼殿③ 圓教寺摩尼殿④

摩尼殿の「マニ」とは梵語の如意のことをいうそうです。
本尊は六臂如意輪観世音菩薩で、この堂の創建前、天人が桜樹を礼拝するのを見て、上人が根のあるままの生木に観音像を刻まれたことから岩山の中腹に舞台造りの建物と伝わっていると説明されていました。

御本尊:六臂如意輪観世音菩薩
御詠歌:はるばると のぼれば書寫の 山おろし 松のひびきも 御法なるらん

圓教寺摩尼殿⑤ 圓教寺摩尼殿⑥ 圓教寺摩尼殿⑦

広大な境内に佇む摩尼殿は圓教寺の中心となるお堂で、その姿に歴史と重厚さを感じない人はいないと思います。
西国の御朱印はこちらの摩尼殿でいただけるとのことで、まずは御本尊へのお参りをさせていただきました。

圓教寺摩尼殿縁① 圓教寺摩尼殿縁② 圓教寺摩尼殿縁③

縁を進んでお堂の中に入らせていただき、お参りさせていただきました。
御朱印は納経所で書いていただけます。

圓教寺御朱印

いただいた御朱印です。
ここから新緑の境内をのんびり散策させてもらいながら常行堂、食堂を観に行きました。

圓教寺大講堂② 圓教寺常大講堂① 圓教寺常行堂① 圓教寺食堂① 圓教寺食堂②

三つの建物がバランスよく建てられており、その姿は圧巻です。
食堂の中には仏像などの宝物が展示されています。これらの宝物は無料で観せていただくことができます。
食堂の朱印所で二種類の御朱印をいただくことができます。

圓教寺食堂でいただける御朱印2種

いただいた御朱印です。
こちらの敷地、どこかで・・・見たような・・・映画のロケ地として何度も使われた場所です。なんかワクワクしますよね♪

さて、更にここから奥へ進むと開山堂があります。

圓教寺開山堂① 圓教寺開山堂② 圓教寺開山堂③

説明書きに記されている「力士像」軒下の四隅に左甚五郎作と伝えられる力士の彫刻のうち西北隅の一つは、重さに耐えかねて逃げ出したと言う伝説は有名と説明されていました。

圓教寺力士像① 圓教寺力士像② 圓教寺力士像③

力士象はこんな感じで観ることができます。
そうそう、開山堂では珍しい御朱印をいただくことができます。

圓教寺開山堂御朱印

チベット語で書かれた御朱印です。
チベット語で開山堂 書写山 奥之院 と書かれているそうです。

久しぶりの巡礼、天気にも恵まれ気持ちよく巡ることができました。
最近、仕事でもストレスが溜まっていたように思っていましたが、また心晴れやかに頑張れそうな気がしています。

所在地:兵庫県姫路市書写2968
入山時間:8時30分~17時(冬季)  8時30分~18時(春季~秋季、日祭日は延長あり)




関連記事