FC2ブログ

西国四十九薬師霊場 第二十三番 斑鳩寺

斑鳩寺は、推古天皇十四年(606年)聖徳太子が天皇のために勝鬘経を講讃すると、天皇は大いに喜ばれ播磨国の水田百町を太子に賜りました。太子は大和国斑鳩宮よりこの地に足を運ばれ、斑鳩荘と名づけられて伽藍を営まれたのが斑鳩寺の始まりといわれています。

勝鬘経(しょうまんぎょう)とは教典にこと。経典とは宗教の道理を説いた大事な書物のことをいいます。

斑鳩寺① 斑鳩寺② 斑鳩寺③

気温36°(;´д`) めっちゃ暑い

斑鳩寺④ 斑鳩寺⑤ 斑鳩寺⑥
斑鳩寺⑦ 斑鳩寺⑧ 斑鳩寺⑨

斑鳩寺の仁王門を入ると正面に講堂、左側に聖徳殿、右側に三重塔があります。講堂でのお参りを済ませ、境内を散策させてもらいました。聖徳殿の御本尊は「植髪の太子」といい、聖徳太子自作の像に自らの髪を切って植えられたものだそうで、「御孝養の御姿」と呼ばれているそうです。

散策の後、朱印所で御朱印をいただきました。

斑鳩寺薬師如来御朱印 聖徳太子御遺跡御朱印

いただいた御朱印です。
右は聖徳太子御遺跡二十八番のものです。

暑い中での参拝となりました。。。この季節、無理せずしっかり水分補給しながらお参りさせてもらいたいと思います。

所在地:兵庫県揖保郡太子町鵤709
拝観時間:9:00~17:00 聖徳殿(太子堂)は希望に応じて開扉。宝物館・聖徳殿二箇所で500円
駐車場:あり(無料)



続きを読む

関連記事