FC2ブログ

石上神宮

「石上」と書いて「いそのかみ」と読む石上神宮は西名阪自動車道天理インターから約15分のところにあります。

駐車場から境内をしばらく歩くと、「ん?鶏の鳴き声?・・・」これは神鶏と呼ばれる鶏が放し飼いされていて、鶏種は東天紅(とうてんこう)や小国(しょうこく)などで、約40羽の鶏が境内で飼われているそうです。

石上神社①

鶏は夜明けに鳴いて時を告げることから、昔の人々は神聖視したとされ、同神宮でも「神の使い」として敬われていることを後で知りました。

石上神宮は、飛鳥時代の豪族、物部氏の総氏神とされ、健康長寿・除災招福・百事成就の守護神として信仰されてきたそうです。
主祭神は、布都御魂大神(ふつのみたまのおおかみ)、御神体として神武天皇の国土平定に偉功をたてられた神剣「韴霊(ふつのみたま)」、鎮魂にかかわる神宝「天璽十種瑞宝(あまつしるしとくさのみづのたから)」 、スサノオノミコトがヤマタノオロチを退治した神剣「天十握剣(あめのとつかのつるぎ)」をお祀りしていると説明されていました。

石上神宮②

こちら鎌倉時代に建てられたは楼門。
明治時代以前には、上層に鐘が吊るされ鐘楼門(しょうろうもん)とも呼ばれていたそうです。

楼門を潜ると正面に国風の拝殿が迎えてくれます。

石上神宮③

石上神宮を崇敬された第72代白河天皇が、1081年に宮中の神嘉殿(しんかでん)を移したものと伝えられおり、拝殿としては国内最古のもだそうです。

拝殿にお参りをすませ、社務所でご朱印をいただきました。

石上神宮ご朱印

いただいたご朱印です。
平日いうこともあってか、境内は参拝者もほとんどなく、凛とした空気の中でお参りすることができました。

所在地: 〒632-0014 奈良県天理市布留町384
電話: 0743-62-0900
開門時間:午前5時30分~午後5時30分



関連記事

コメント

非公開コメント